古本の寄付

古本を寄付して社会貢献

古本と言えばとても便利なアイテムで、リサイクルショップの買取サービスを利用して、ちょっとしたお小遣い稼ぎをすることもできますし、フリーマーケットに出して不要品を処分しつつ、地域の人と交流を深めることもできます。
また、社会貢献しようとバザーで提供するということもできます。
ただし、こういったイベントと言うのが、自分の住まいのそばで頻繁に行われているとは限りません。
そんな時に便利なのが、リサイクルショップが行っている支援プログラムです。
インターネット上の大手の古本ショップでは、有名団体に寄付することができるプログラムを実施しているところがあります。
古本は数が多くなると持ち運ぶだけでも大変で、社会貢献につなげる際に手間がかかることがありますが、インターネット上のこういったショップのサービスを利用すれば、集荷手配の際の費用は無料ですから、気軽に利用することができます。
大手企業も数多く参加している注目のプログラムでもあり、信頼度も高いです。

古本を寄付するという考え方

読まなくなった古本は捨ててしまったり、中古店に持ち込むというのが一般的ですが、寄付をするという選択肢もあります。
買取に出す場合、古本は商品特性上、高価なものは少なく、場合によっては無料での引き取りなどという事もあります。
せっかく買った本がただで引き取りと言うのは少し寂しいものがありますよね。
そのような方に知っていただきたいのが、古本の寄付という考え方です。
読まなくなった本を寄付に出すことが出来ます。
取り扱いを行っている企業やNPO法人などにおくるだけであとは、運営元が各種施設などに送ったりしてくれます。
二束三文にしかならない本もこの様な形で新たな読み手のところに届けば、持ち主としても嬉しいですよね。
いらなくなった本を送るだけと言う気軽な方法で社会貢献が出来るので、自宅に読まなくなった本があるという方はこの取り組みはおススメと言えます。
譲る側に負担がかからない様に着払いにしているところも多いのでコストも安心です。